世界新実戦空手道連盟 宮川道場

強く、たくましく、 他人をいたわるやさしい心を持った人間に育ってほしい。

新実戦空手道とは

本団体を簡単に御紹介しますと、私が1982年(昭和57年)山梨県笛吹市芦川町鴬宿341の自宅に創設したもので、そこから県内外へ発信し現在では海外にも多くの道場があります。

特徴と致しましては次のようになります。
空手母国日本にはさまざまな流派(スタイル)があり、日本人でも一般の方々にはよく「違いがわからない」という声を聞きます。
ここで一つ簡単に違いを区別する見方を言いますと

組手(空手の試合)において「突きや蹴りの技」を相手に当てずに「寸前で止め」、今の技を止めずに当てていたら「有効打」となっていただろう、という「仮定」のもとに審判が判定を下す伝等派空手(寸止めルール空手)というものがあります。(団体や大会によってポイントの数え方など多少の違いはありますが、「寸止め」という大原則に変わりはありません。)

それに対して「直接打ち合い、蹴り合う実戦空手との二つに大別する事が出来ます。

私どもは身も心も鍛える、と言う面で相手の痛みも分かる人間になって欲しい、という考えから実戦空手を採用しておりますが、直接打撃となればポイントの数え方以前に試合方法も四種類位に分けて見ることができます。

★無防具で手による顔面への攻撃以外全て有効のフルコンタクトルール。
 (団体によっては、上段蹴りにポイントを与えます。)

★顔面、胸部に防具を付け防具箇所のみに正確できれいな技を当てる防具空手ルール。
(相手より1cmでも早く当てる武道空手ルール)
(お互いに当たった技を加点し合う硬式空手ルール)

★顔面のみに防具を付け、手による顔面攻撃も認めた事により伝統技も生かせ、なおノックダウン方式の新実戦空手道ルール。

★手にグローブを付け無防具の身体を直接打撃するグローブ空手ルール。

大会ルール趣旨として

日本の国技である大相撲の二百キロ近い巨漢がぶつかり合うド迫力と髷の先、身体の一部分でも土に着いたら負け、足の指先の一部分でも俵を割ったら負け、という一瞬たりとも気の抜けない武道性を同様に追求している空手道の為「場外」「反則」「間合い」など厳しく取る実戦空手です。

細かく分ければもう少し競技方法が増えますが、だいたいこの4つ位の分け方でおおよその区別がつくと思います。

そこで宮川道場は「実戦空手」のどのスタイルに属しているかと申しますと、一般的には「何々流(スタイル)の何々道場」となるのですが東京、大阪のような大都市なら右にも左にもやりたいと思うスタイルがいっぱいありますが、ここ山梨では数える程しかありません。
そこで私は、一団体で実戦空手の4つ程に分けたそれぞれのスタイルを全て指導してあげられればと思い、その考えにそってそれぞれを修業して参りました。従って「宮川道場」とは実戦として考えられる全てのルールに対応出来る方法で稽古する新しいスタイルの団体です。
そして頭、いわゆる冠には他の団体にない宮川道場独自で創り上げた「新実戦空手道」を付け「新実戦空手道・宮川道場」(平成19年(2007)6月15日特許庁商標登録(第5053936号)認可)という一つの流派です。又大会の多さに驚く方がおりますが、一つの流派に「地区大会」「広域圏大会」「全国大会」と3大会位はありますのでその数×4スタイルという事になり、それだけでも12大会ある事になります。

その他にも友好団体の大会等が増えますので遠征試合が20にも30にもなり宮川道場の門下生は日頃の練習の成果を試す場がそれだけ多い事になります。

尚アマチュアだけではなくプロの道までつながっている「キックボクシング」もあります。

以上のような説明で客観的に多少流派の違いがお解り頂けたかと思いますが、一般的には他流派間の交流は禁止です。
しかし、宮川道場では生徒の一人一人がどんなスタイルの大会へも参加出来、それぞれのスタイルで入賞できたらと、選手の為にさまざまな団体と交流し窓口を開けています。
御自分達が所属している団体はこのような特徴のある団体だと御理解頂ければ幸いです。

新実戦空手道 宮川道場 館長 宮川 博人

公開日:
最終更新日:2019/03/10